PS5分解動画で見えた性能

先日、YOUTUBEにPS5の分解動画が上がりましたね。PS4とは違う所が満載でとても面白かったので紹介していこうと思います。

LEON

分解ってテンションあがるよね!
そうなんですか? よく分からないですが…

Noel

LEON

分解は男のロマンやで!

あの端子が消えた!?

前面に通常のUSBとTYPE CのUSBが付いてます。TYPE Cが付くのは初めてですね、コントローラーもTYPE Cなので高速充電等に使われると思われます。後ろにはUSB3.0とLANポート、HDMIとPS4とほぼ同じです。

しかし光デジタル端子が無くなっています。HDMIが2.1になったので必要無くなったのかな…?理由は分かりませんが今まで光デジタル端子を使っていた人は注意が必要ですね。

スタンドは兼用

スタンドは縦横兼用です。縦置きの場合は裏からネジで止めてるので何かの拍子に倒れる事は無さそうですね。横置きの場合は本体に印があるのでそこを基準に取り付けるようです。ネジはスタンドに収納できるので亡くす心配はないですね。

メンテナンスも楽に

両側のパネルは取り外し可能で、端を少し持ち上げスライドすると外れます。少しコツはいりそうですね。そしてパネルを取るとファンが見えます。

3枚目の画像で指を指している所ともう一つ奥にある穴は掃除用の穴で、そこに溜まったホコリを掃除機などで吸えるようにしてあるようです。定期的にファンとこの穴を掃除すれば綺麗なまま使えそうですね。

拡張ストレージ

将来的な拡張を想定してPCIe4.0に対応したM.2インターフェースも搭載されています。まだどのメーカーが使用できるかは分かっていませんがSSDの増設は皆さん気になってたと思うのでこれは朗報ですね。

静音効果アップ

そしてこれも気になる所、ファンですね。今回はかなり大きいファンを使用しているようです。PS4の倍はありそうなファンですが、大きいファンはゆっくり回しても十分な排熱が可能なので静音性の効果も上がります。光学ドライブも鉄のケースで覆って駆動音や振動を減らしています。

PS4では音問題が結構話題だったのでその対策を取ってきたのだと思いますが静音性にはかなり期待できそうですね。

CPU,GPU

これはCPUとGPUですね。CPUはx86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2” 8コア/16スレッド 最大3.5GHz。GPUはAMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine 最大 2.23GHz 10.28 TFLOPS レイトレーシングアクセラレーション。

GDDR,SSD

メモリはGDDR6を8個搭載で16GB バンド幅: 448GB/s。ストレージはPS4の時はHDDでしたがPS5は超高速SSDを使ってます。これによってロード時間がかなり短縮され静音性にも貢献しています。

冷却性能は抜群

CPUやGPUは起動中に熱を発生させます。その熱を熱伝導を利用して冷ますヒートシンクという物があります。これはCPUと密着させる事によって熱を伝えるというもので、PS5はこれがかなり大きいです。ヒートシンクは大きい方が熱を逃がしやすく、さらにこのヒートシンクは形状などを工夫することよって高効率で放熱できるようになっているようです。

そしてCPUとヒートシンクの間には熱伝導率を上げるために通常はグリスが塗られています。PS5はそのグリスより熱伝導率の高い『液体金属』を使っています。これはかなり驚きですね。液体金属は寿命も長いのでゲーム機を長く使えるという点でも貢献できてると思います。

液体金属と巨大なヒートシンク、さらにPS4より大きなファンで熱対策はバッチリといった感じですね!これは性能と快適には期待大です。PS4の時の失敗をPS5で改善する努力をしているのはとても素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA