PS5(プレステ5)のスペックは?周辺機器はどんなの?

ついに発表されたプレイステーション5、次世代機のスペックと特徴はどういうものなのか。また周辺機器は何が発売されるのか。

今回発売されるプレイステーションには2種類用意されています。プレイステーション 5(通常版)とプレイステーション 5 Digital Editionです。大きな違いはUltra HD Blu-rayドライブ(光学ドライブ)が搭載されているかいないかです。これについてはこちらの記事で紹介しています。

PS5のスペック&主な特徴
CPUx86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2”
8コア / 16 スレッド
最大 3.5GHz
GPUAMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
最大 2.23GHz 10.28 TFLOPS
レイトレーシング アクセラレーション
メモリGDDR6 16GB
バンド幅: 448GB/s
内蔵ストレージSSD 825GB
読み込み速度: 5.5GB/s
光学ドライブUltra HD Blu-ray(66G/100G) ~10xCAV
ゲームディスクUltra HD Blu-ra(最大100G)
映像出力HDMI 2.1
4K/120fps 8K/60fps
HDR対応
オーディオオブジェクトベースオーディオ(Tempest” 3Dオーディオ技術)
外形寸法(最大突起部、ベース除く)PS5: 約 幅390mm×高104mm×奥260mm
PS5 Digital Edition: 約 幅390mm×高92mm×奥260mm
重量PS5:約4.5kg
PS5 Digital Edition:約3.9kg
最大消費電力PS5: 350W
PS5 Digital Edition: 340W
入出力USB Type-A 端子(Hi-Speed USB)
USB Type-A 端子 (Super-Speed USB 10Gbps)×2
USB Type-C 端子(Super-Speed USB 10Gbps)
通信Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1

特徴としてはまず、超高速SSDですね。超高速SSDによってロード時間がかなり早くなってゲームプレイの快適性は格段に上がると思います。そしてGPUはPS4より高解像度化されていて、さらにレイトレーシングにより現実に近いグラフィックが再現されています。4Kや8Kでの映像は是非自分の目でも確かめてほしいです、凄いです…。

オーディオも3Dオーディオが搭載され音の聞こえる方向や、リアルな質感のある音の表現が可能になっています。

コントローラーについて
名称DualSense(デュアルセンス)ワイヤレスコントローラー
価格6,980円+税
外形寸法(最大突起部除く)約 幅160mm×高66mm×奥106mm 
重量約280g
タッチパッド2点式タッチパッド、静電容量方式、クリック機構
モーションセンサー6軸検出システム (3軸ジャイロ、3軸加速度)
オーディオ内蔵マイクアレイ、内蔵モノラルスピーカー、ステレオヘッドセットジャック
出力 : 48kHz/16bit, 入力 : 24kHz/16bit
フィードバックトリガーエフェクト (R2/L2 ボタン)、振動機能 (デュアルアクチュエーターによるハプティックフィードバック)、ランプ (ライトバー/ プレーヤーランプ / MUTEランプ)
端子USB Type-C端子 (Hi-Speed USB)、ステレオヘッドセットジャック、充電用端子
通信無線:Bluetooth Ver5.1
有線:USB connection (HID, オーディオ)
電池種類:内蔵型リチウムイオン充電池
電圧:DC 3.65V
容量:1,560mAh

特徴としてはまず、ハプティックフィードバックといもの。公式サイトでは『従来の振動モーターに代わり、新たに採用されたデュアルアクチュエーターで、より体感的なフィードバックを実現。ゲーム内の状況に応じて変化する振動により、プレイヤーを取り巻く環境の質感から多彩な武器の反動まで、さまざまな感覚をその手の中で体感できます。』とあります。細かな振動まで再現出来ているという事でしょうか?これは実際に触って確かめるのが良さそうですね。そしてアダプティブトリガー。これは公式サイトによると『ゲーム内のアイテムやその状況に応じて、さまざまな強さや張力を体感。弓の弦をギリギリと引き絞ったり、ハイスピードで走る車にブレーキをかけたりと、画面上で展開されるアクションを実感できます。』とあります。おそらく、R,Lボタンが反発して重くなったりするという事でしょう。これは面白い機能ですね。リアルさが追及されてゲームをより楽しめる仕様になってます。

内蔵マイクヘッドセット端子 はPS4と同じように搭載されています。クリエイトボタン(PS4でいうSHAREボタン)も搭載されています。この辺はPS4で結構人気があったのでPS5でも使用できるのは嬉しいですね。

デザインも次世代感があり個人的にはかっこいいと思います。今後、新色の追加などがあるといいですね。

PS4のコントローラーは使えるの?
PS4用のコントローラーはPS5で後方互換機能を使いPS4タイトルをプレイする際には使用可能とのことです。ただしPS5専用のタイトルでは使用できません。
名称PULSE 3D™ ワイヤレスヘッドセット
価格9,980円+税

このヘッドセットは本体の3Dオーディオ向けにチューニングされています。ワイヤレスでノイズキャンセリング機能を搭載、USB Type-C充電に対応と高機能ですね。ヘッドセットをどれを買えば分からない人はこれを買うのもいいかもしれません。

HDカメラ
名称HDカメラ
価格5,980円+税

1080p対応のデュアルレンズとスタンド付きのHDカメラ。テレビやモニターの上または下に設置しアングルを細かく調整出来ます。本体に搭載された背景除去ツールと組み合わせて、ゲームプレイ動画に自分自身が登場可能。プレイヤーの顔の周りを切り抜いてゲームプレイ映像に合成したり、グリーンバックを使用することで背景を完全に透過することができます。ゲーム配信に興味ある方には気になる商品ですね。

メディアリモコン
名称メディアリモコン
価格2,980円

リモコンで直接PS5本体の電源をオンにしたりメニューを手軽に操作したりできます。再生/一時停止、早送り、早戻しボタンを搭載し、メディアをすばやく操作できます。基本はコントローラーで操作できるためリモコン自体はいらないとは思いますが直観的な操作がしたい方はあってもいいとは思います。

充電スタンド
名称DualSense™充電スタンド
価格2,980円+税

DualSense ワイヤレスコントローラーを2台まで、乗せるだけで簡単にセットし充電できます。友達などとコントローラー2つ使う人にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA